Navicat Monitor 2

データベースインフラストラクチャの可視性を最大化します。

Navicat Monitorは、SQL ServerとAzureユーザーが利用できるようになりました。

直感的なダッシュボードは、我々の新しいSQL Serverユーザーにとって必要不可欠な情報を提供することに重点を置いています。Navicat Monitorは、メトリックデータを目で見える形に変えて、サーバーのパフォーマンスをより明確に把握できるようにします。ユーザーは警告しきい値を定義して、問題が発生している時にアラートを受け取ることができます。また、パブリッシャーとそのサブスクライバーの階層と関係に基づいて、トランザクションレプリケーションの状態を監視し、マージレプリケーションを行うこともできます。そのため、SQL Serverのパフォーマンスを根本から改善するための次の手順を決めることができます。

スロークエリを最適化してパフォーマンスを向上させます。

長時間実行クエリチャートは、実行時間、待機の種類、CPU使用率、および、指定されたインスタンスがホストするデータベースで実行された読み取りと書き込みの回数に基づいて、すべての上位クエリを視覚化します。過度に長い時間実行されているクエリを簡単に識別し、適切なアクションを実行してそれらを解決できます。

長時間実行クエリ
フォーカス分析
アラートレポート
環境内のすべての上位クエリの概要を経時的に取得します。
個々のクエリをさらに掘り下げて、それが待っていたものを追跡します。
長時間実行クエリの原因をリストし、重大な問題について警告します。

ユーザーのビジネスニーズに合わせてカスタムチャートを調整します。

Navicat Monitorでは、必要なすべてのことを追跡するためのカスタムメトリックを構築できます。独自のクエリを作成して、特定のインスタンスのパフォーマンスメトリックを収集できます。そして、メトリックの値が特定のしきい値と期間を超えた時にカスタムデータに関するアラートを受信できます。カスタムメトリックを設定するのは簡単です。時間をかけて、何を収集したいのかを正確にじっくりと考えてください。

サーバーの状態とパフォーマンスを共有します。

Navicat Monitorは、サーバーを監視するために必要なすべての情報をチャートでわかりやすく表示します。レポート付きの個人化された電子メールを特定のユーザーまたはグループ全体に送信するスケジュールを設定できます。レポートはPDFファイルとして送信され、1回限りのイベントジョブまたは定期ジョブとしてスケジュールして、毎日、毎週、または、毎月実行できます。そのため、オフラインでの分析または共有のためにサーバーのパフォーマンスデータを定期的に送信できます。

アップダウンステータス
レプリケーションダイアグラム
パフォーマンスチャート
長時間実行されるクエリの分析
レポートの生成

アップダウンステータス

サーバーの状態を経時的に表示します。サーバーがダウンした時の時間間隔を知ることができます。

レプリケーションダイアグラム

レプリケーション関係を表示し、レプリケーショントポロジの全体的な状態をトレースします。

パフォーマンスチャート

CPUやメモリの使用量、データベースサイズの分布など、サーバーのヘルスチェックの状態の詳細なビューを取得します。

長時間実行されるクエリの分析

リソースを消費しているすべてのクエリまたは単一のクエリをエクスポートします。

レポートの生成

すべてのチャートは、電子メールでレポートとしてスケジュールできます。

仕事に集中し続けられます。

ダークモードのサポートは、2.1アップデートで提供されています。Navicat Monitorは、現在、明るいインターフェーススタイルと暗いインターフェーススタイルの両方をサポートするようになりました。デフォルトの表示設定としてダークモードバージョンを表示できます。

Navicat Monitorがどのようにユーザーの問題を特定するのかをご覧ください。 詳細>

今日から14日間の無料トライアルを開始します。