リリース情報

Windows
macOS
Linux

弊社にて製品をお買い上げになり、最新バージョンのダウンロード情報を検索したい場合には、こちらをクリックして下さい。

Apr 16 2024
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.3.9 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Feb 29 2024
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.3.8 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Feb 21 2024
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.3.7 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. サーバーモニターで更新ボタンが機能しませんでした。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Jan 11 2024
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.3.5 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. コメントコードのショートカットが機能しない場合がありました。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Dec 5 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.3.3 をリリースしました。

改良点は以下のとおりです:

  1. PageantのUNIXモードを使用したSSHエージェントをサポートします。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Nov 7 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.3.2 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Oct 17 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.3.0 をリリースしました。

改良点は以下のとおりです

  1. Redis Clusterをサポートします。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Oct 3 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.2.11 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. ダブルクリックを使用してクエリにスニペットを追加すると、特殊文字が文字化けした。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Sep 7 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.2.10 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Aug 28 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.2.8 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Aug 14 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.2.7 をリリースしました。
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.2.7 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. クエリエディタでEnterキーを押すと、コード補完が誤ってトリガーされる。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Aug 7 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.2.6 をリリースしました。

改良点は以下のとおりです:

  1. RedisでJSONキータイプをサポート。

以下のバグを修正しました:

  1. タブを閉じることができない場合がある。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Jul 14 2023
Navicat for Redis (Windows) バージョン 16.2.5 をリリースしました。

主な機能:

  1. Redis接続のサポート。
  2. データビューを使用してRedisのキーとデータを表示、編集、検索、並べ替える。
  3. Redis Pub/Subメッセージをリアルタイムでキャプチャして分析する。
  4. Redisデータベースのローカルのバックアップと復元のサポート。
  5. RedisユーザーとACLを編集するための直感的なインターフェイス。
  6. 構文の強調表示とコード補完を備えたRedisコンソール。
  7. 適切にフォーマットされたRedisクエリ結果。
  8. Redisのバックアップとクエリ実行を自動化する。
  9. Redisのリアルタイム監視のためのコマンド監視とサーバー監視。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Mar 4 2024
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.7 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. sshエージェントを使用して接続できない場合があります。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Feb 21 2024
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.6 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. ナビゲーションペインでオブジェクトを削除した後、フォーカスが上のレベルに移動しました。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Jan 9 2024
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.5 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. サーバーモニターを閉じる時にクラッシュしました。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Dec 12 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.4 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. macOSの古いバージョンでNavicatを開くとクラッシュしました。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Dec 7 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.3 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. バッチジョブをスケジュール設定するとクラッシュする場合がありました。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Nov 7 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.2 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. COMMAND-Fショートカットがメインウィンドウで機能しませんでした。
  2. サーバーモニターで更新ボタンが機能しませんでした。
  3. 検索ボックス内のテキストが非表示になる場合がありました。
  4. Redisのクエリでコマンドを入力するとクラッシュしました。
  5. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Oct 30 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.1 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. Redis接続を開く時にクラッシュしました。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Oct 17 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.3.0 をリリースしました。

改良点は以下のとおりです:

  1. Redis Clusterをサポートします。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Sep 20 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.2.9 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. macOS 14でクラッシュした。
  2. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Aug 28 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.2.7 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Aug 8 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.2.6 をリリースしました。

改良点は以下のとおりです:

  1. RedisでJSONキータイプをサポート。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Jul 14 2023
Navicat for Redis (macOS) バージョン 16.2.5 をリリースしました。

主な機能:

  1. Redis接続のサポート。
  2. データビューを使用してRedisのキーとデータを表示、編集、検索、並べ替える。
  3. Redis Pub/Subメッセージをリアルタイムでキャプチャして分析する。
  4. Redisデータベースのローカルのバックアップと復元のサポート。
  5. RedisユーザーとACLを編集するための直感的なインターフェイス。
  6. 構文の強調表示とコード補完を備えたRedisコンソール。
  7. 適切にフォーマットされたRedisクエリ結果。
  8. Redisのバックアップとクエリ実行を自動化する。
  9. Redisのリアルタイム監視のためのコマンド監視とサーバー監視。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Mar 5 2024
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.3.4 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Dec 27 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.3.3 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Nov 23 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.3.2をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Nov 2 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.3.1 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Oct 17 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.3.0 をリリースしました。

改良点は以下のとおりです:

  1. Redis Clusterをサポートします。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Sep 13 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.2.7 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Sep 5 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.2.6 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Aug 10 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.2.5 をリリースしました。

以下のバグを修正しました:

  1. 少数のバグフィックスと改良。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。

Jul 14 2023
Navicat for Redis (Linux) バージョン 16.2.4 をリリースしました。

主な機能:

  1. Redis接続のサポート。
  2. データビューを使用してRedisのキーとデータを表示、編集、検索、並べ替える。
  3. Redis Pub/Subメッセージをリアルタイムでキャプチャして分析する。
  4. Redisデータベースのローカルのバックアップと復元のサポート。
  5. RedisユーザーとACLを編集するための直感的なインターフェイス。
  6. 構文の強調表示とコード補完を備えたRedisコンソール。
  7. 適切にフォーマットされたRedisクエリ結果。
  8. Redisのバックアップとクエリ実行を自動化する。
  9. Redisのリアルタイム監視のためのコマンド監視とサーバー監視。

アップグレードについては、カスタマーセンターをご覧ください。